スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)

 ■若者の活字離れに歯止め?

 若者の活字離れが叫ばれ久しいが、大学の文芸部員が大学生に向けた推薦図書を選ぶユニークな文学賞「大学生読書人大賞」の選考会がこのほど行われた。今年3回目で、大賞に選ばれたのは若者に人気の作家、森見登美彦さんの文庫版「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店)。活字離れは大学でも深刻で、生協での書籍の売り上げも減少傾向にあるという。“大学生による大学生のための文学賞”は活字離れに歯止めをかけ、活性化策となりうるか?

 「活字好きの大学生は少なくない」「隠れた名作を知ってほしい」。文芸部員らのこんな思いから同賞は3年前に創設された。母体となるのは全国約40大学の文芸部や文芸サークルなど計約50団体で作る実行委員会だ。

 選考方法は1年の間に発刊された単行本や文庫本、ライトノベルなどの新刊を対象に、まず全大学からの投票で上位の候補5作品を選出。各大学の文芸部・文芸サークルはこの5作品のうち一作を選んで推薦文を書き、それぞれ優れた推薦文を書いた5つの団体の代表が最終選考会場に集まり、公開討論を行って大賞を選ぶ。

 大学生ならではの感性が候補選定に表れるのが同賞の特長で、村上春樹さんの「1Q84」(新潮社)など大ベストセラー小説に混ざり、若い読者層に人気の有川浩さんの「植物図鑑」(角川書店)、伊坂幸太郎さんの「あるキング」(徳間書店)などが最終候補に残った。

 「夜は短し歩けよ乙女」の単行本は3年前の本屋大賞で2位に入った人気作。一昨年の文庫化でさらに若者らに人気が広がったという。推薦文を書いた慶応大の文芸サークル「三田文学塾生会」の遠藤譲さん(20)=文学部2年=は「森見さんの小説はアニメ化もされ、漫画に近い親近感がある。ライトノベルのような読みやすさで、テーマも前向き。大学生活を後押ししてくれるような力がある」と推薦理由を語る。

 大学生として活字離れを実感しているのか? 遠藤さんは次のようにみている。

 「現在、部員は約20人。読書会では夏目漱石の作品なども取り上げます。本という側面から見れば確かに活字離れは進んでいるのでしょうが、ネットへの文章の発信の活発さを見れば、活字文化自体が弱体化しているとも思いません」(戸津井康之)

大雨の兵庫1800世帯に避難勧告 鉄道運転見合わせ高速道も(産経新聞)
【いきいき】NPO法人「ノーベル」代表理事・高亜希さん(産経新聞)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
仕分け劇場に暗雲 民主・尾立議員、会社経営に“介入”?(産経新聞)
スポンサーサイト

子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案(読売新聞)

 民主党マニフェスト企画委員会(委員長=仙谷国家戦略相、高嶋良充党筆頭副幹事長)は10日の会合で、夏の参院選公約の原案を固めた。

 子ども手当については当面、満額支給(中学卒業まで月1人当たり2万6000円)の実施を見送る。

 また、2011年度から増額予定だった1・3万円分については、〈1〉支給額の上積み〈2〉保育施設の整備や教育関係予算への活用――の2分野に振り分けることとした。

 民主党は、同企画委でさらに検討を重ね、鳩山首相を議長とする「政権公約会議」で5月末に公約を決定する。

 10日は、企画委の下部組織である「国民生活研究会」(中野寛成会長)、「成長・地域戦略研究会」(大畠章宏会長)、「地域主権・規制改革研究会」(玄葉光一郎会長)の3組織がそれぞれ報告を提出、了承された。

 子ども手当を検討した国民生活研究会の中野会長は、支給額について、「来年度は2万円ぐらいとし、(満額支給から残額の)6000円は『現物給付』で工夫するのが望ましい」と述べ、保育・教育サービスの充実への活用を求めた。

 原案では、昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)では触れなかった財政健全化について、「財政健全化への取り組み」とする項目を新設。「抜本的な税制改革(消費税を含む)の実施」や、「新規政策の実施に必要な財源は、既存予算の削減によって捻出する」との文言を盛り込んだ。

 高速道路の無料化に関しては、政権公約を修正せず、「段階的に実施」とした。国家公務員の定員・給与を管理する「公務員庁(仮称)」の新設も明記した。

<訃報>茅野亮さん75歳=元すかいらーく社長(毎日新聞)
海上の安全願う大田区の水神祭(産経新聞)
<民主党>参院の議員定数40程度削減方針 公約盛り込みへ(毎日新聞)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)
韓国艦沈没 外相「協力惜しまぬ」(産経新聞)

北アの雪崩死、埼玉・川口の60歳男性と判明(読売新聞)

 1日に起きた富山県の北アルプス・御山谷(おやまだに)出合(であい)付近(立山町芦峅寺(あしくらじ)、標高1450メートル)の雪崩で死亡したのは、埼玉県川口市本町、無職鈴木等さん(60)であることが2日、わかった。

 家族が確認した。県警上市署によると、死因は外傷性窒息。

首相「すべてを県外は難しい」知事との会談で(読売新聞)
<ミズバショウ>「純白」競う…岐阜・郡上(毎日新聞)
帰国ラッシュがピーク、成田空港に5万人(読売新聞)
神戸市職員、公費で購入したパソコン転売(産経新聞)
女子専門学校生、2万5000円奪われる 大阪・浪速区(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。