スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成3600形

京成3600形電車(けいせい3600がたでんしゃ)は、1982年(昭和57年)から導入された京成電鉄の通勤形電車。本稿では芝山鉄道にリースされた芝山鉄道3600形電車についても記述する。概要輸送力増強及び、青電形式の210形、700形の置き換えを目的に1982年6月から1989年(平成元年)7月にかけて6両編成9本の計54両が製造された。車両番号の付番は、第1編成が成田空港方からクハ3601 - モハ3602 - モハ3603 - モハ3606 - モハ3607 - クハ3608、第2編成が成田空港方からクハ3611 - モハ3612 - モハ3613 - モハ3616 - モハ3617 - クハ3618であり、下1桁の位で編成中の組成位置を示すため、末尾9と0は欠番となっている。また、末尾4と5は8両固定編成化時の中間電動車ユニット追加製造を考慮して欠番となった。京成に限らず東京都交通局(都営地下鉄)浅草線に乗り入れる各鉄道事業者では南方(京成線内では上野・押上方)先頭車の車両番号で編成名を呼称することが多く、第1編成は「3608編成」、第2編成は「3618編成」のように呼称される。車両番号末尾1と8の先頭車は制御車 (Tc) 、中間4両が2両ずつユニットを構成する電動車 (M) である。足回りは、AE形で実績のある東洋電機製造製界磁チョッパ制御を京成の通勤車としては初めて採用し、運転台のマスター・コントローラーについても京成通勤車初のT形ワンハンドル式を採用した。モーターは140kWと出力の高い補償巻線付複巻電動機が採用され、各編成の車両番号の末尾2と3は東洋製TDK-8500B、末尾6と7は三菱電機製MB-3276-ACで、両者は同一設計であり京成での社内制式名称はKMM8500(出力140kW、端子電圧375V、定格電流415A、分巻界磁電流23A、最弱め界磁率15%、定格回転数1,450rpm)である。駆動装置は末尾2と3がTDカルダン、末尾6と7がWNカルダンとされた。歯車比は84:16(5.25)である。補助電源装置は電動発電機 (MG) に代わって静止形インバータ (SIV) が初めて採用され、空気圧縮機 (CP) とともに各編成の末尾3と7に配置された。集電装置は下枠交差式パンタグラフで、各編成の末尾2と7に2台設置された。主制御器は東洋電機製造製

代表質問の首相答弁要旨 納税者番号「1年以内に結論」(産経新聞)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
「KY」恐れ言葉喪失 心地よい空間で安らぎたい(産経新聞)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か-兵庫県警(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。